片づけられない女の日記

妄想族が送る平凡な日常と妄想のはざま 

みれん

夜になる 帰り路


まだ 元カレのこと思い出します


別れるしかなかったってことは 重々承知してる


いずれこうなることもどっかでわかってた


いままでで一番辛くて不安いっぱいな恋だった 


でも 切なくなる


もう会えないから 余計に


自分から好きになって 付き合ったひとだから


くぅ


割り切れない気持ちがいっぱい


とは 決して思わない


本当に 短くて終わってしまったからこそ 貴重な時間だった


そして いまある新しい恋のためにも